オランウータン保護センター
【シャングリラ ラサリアリゾート内】コタキナバル近郊

オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)1

  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)1
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)2
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)3
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)4
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)5
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)6
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)7
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)8
  • オランウータン保護センター(ラサリアリゾート)9

*2016年4月からシャングリララサリアリゾートのオランウータン見学ツアーは終了しました。

オランウータンとは2つのマレーシア語が組み合わさった名前で、オラン(Orang=人)、ウータン(Hutan=森)。
ボルネオ島の代名詞とも言える様な存在ですが、野生のオランウータンは数が少なく、生息域もコタキナバル市街地からは遠いのでなかなか出会うことができないのが現状です。

オランウータンの赤ちゃんはその愛らしさからペットになったり、母親の育児放棄や、森林伐採の影響で孤児になるケースが後を絶ちません。そんな孤児になっ たオランウータンの赤ちゃんを自然にかえすためのトレーニングを行っているのが、シャングリラ ラサリアリゾート内のオランウータン保護センターです。

サンダカンにあるセピロックオランウータンリハビリテーションセンターと協力し、サバ州のオランウータンの保護を行っています。コタキナバル周辺でオランウータンを見 学できるのは、このシャングリラ ラサリアリゾート内のオランウータン保護センターか、ロッカウィワイルドライフセンターのみです。

入口から15分ほど入ったところにあるプラットフォームで、1日に2回行われるフィーディングタイムを見学することができます。見学できるのは、 シャングリラ ラサリアリゾートとシャングリラタンジュンアルリゾートに宿泊している方が優先となりますが、他のホテルに滞在している方も見学のチャンスはあります。
見学希望日の3日前から予約受け付けが開始されますので、シャングリララサリアリゾートに直接電話やEmailで問い合わせ、お席に空きがあればご予約が可能です。

フィーディングタイム前には、オランウータンの現状、シャングリララサリアリゾートの活動をまとめたビデオ鑑賞があります。また、オランウータン関連グッズも販売されていますが、売り上げの一部はオランウータン保護の資 金になりますので、是非ご購入ください。

オランウータン保護センター
【シャングリラ ラサリアリゾート内】

[入場料]
65リンギット
[時間]
10:00, 14:00(要予約)
[予約開始]
3日前から
[TEL]
088-797 888
[Email]
rrr@shangri-la.com
[URL]
http://www.shangri-la.com/jp/…
[場所]
コタキナバル市街地より車で約45分
トゥアラン地区

ページ先頭へ戻る