コタキナバルの基本情報

コタキナバルは…

サバ州Sabah
面積
394k㎡ 東京23区のおよそ半分
人口
約55万人
マレーシア全体では約2830万人→年々増加
民族
マレー系66% 中国系26% インド系8%
言語
マレー語、中国語、タミール語など
宗教
イスラム教、仏教、儒教、ヒンドゥー教、キリスト教など
電圧/プラグ
240V、50サイクル3つ穴のBFタイプのプラグが必要
時差
日本より1時間遅れ(GMT+8)日本19:00→コタキナバル18:00
アルコール
スーパー、コンビニ、飲食店にあり持込みは1Lまで
飲み水
水道水は飲めません。ミネラルウォーターが○
チップ
基本的には不要
VISA
観光目的で3か月年間180日以内
Wifi
空港はもちろんホテルやレストランでも使える所がある。
電話 [日本から]
(国番号)+60 電話番号の最初の0をとる
例)+60-88-236632(領事館)
電話 [馬から]
(国番号)+81 電話番号の最初の0をとる
例)+81-3-3476-3840(大使館)

コタキナバルは、マレーシア

マレーシアMalaysia
首都
クアラルンプールKuala Lumpur
政体
連邦立憲君主制国家
国家元首
9州の元首から選出(任期は5年)
全13州中、ペナン、マラッカ、サバ、サラワク以外
首相
ナジブ・ザラク2009年9月就任

補足

ボルネオ島の2州(サバ州、サラワク州)は、1963年9月16日にマレーシア加わりましたが、その際に要求した自治権が2州政府に与えられています。 そのため、同じマレーシアであってもサバ州へ入る際は出入国審査があります。例えば、クアラルンプール経由でコタキナバルへ入る際、クアラルンプール空港でマレーシアの入国審査を、コタキナバル国際空港でサバ州の入州審査を受ける必要があります。

コタキナバルのシンボルは世界遺産キナバル山

  • キナバル山

コタ=町。キナバル=キナバル山。
コタキナバルのシンボルは何といっても4,095mマレーシア最高峰のキナバル山。
壮大なキナバル山の景観は圧巻。日中は雲に覆われることが多いのでコタキナバルからは朝と夕方によく見ることができます。

2000年、ユネスコの世界自然遺産に登録されキナバル公園は生物多様性に富み、世界中のネイチャー愛好家が訪れています。


サバ州旗

  • サバ州旗

サバ州旗にはシンボルであり、コタキナバルの名の由来となったキナバル山が描かれています。 そして、各色にはそれぞれ意味があります。

  • 水色=真実、信用、成功を
  • 青 =団結、調和、協力を
  • 赤 =信頼、勇敢、真実と正義を
  • 白 =クリーンで、信頼できるサービス
  • 黄色=繁栄と優秀さを
  • 緑 =活力、進歩を表しています。

ページ先頭へ戻る