コタキナバルの年末年始など長期休暇について

  • コタキナバルの年末年始

マレーシアには、長期休暇がいくつかあります。

長期休暇中は、ホテル内やショッピングセンター、町のあらゆる場所がデコレーションされ、また、その休暇毎に違うデコレーションになるので注目してみてください。

当店は下記の期間も営業いたしております。

年末年始 【期間】1月1日

Happy New Year!

  • ニューイヤー

コタキナバルの年末年始の祝日は、1月1日のみです。
ただし、ショッピングセンターは開いていても店舗によって休みにすることがありますので、お食事やお買い物をする場合、第2、第3候補も予め予定しておく方がよいでしょう。

各リゾートによっては、カウントダウンイベントや花火がありますので、ご宿泊予定のリゾートへご確認ください。

この時期は、クリスマスシーズン、セールのシーズン、スクールホリデーと重なり、観光地やホテルが込み合うことが予想されます。
クリスマスシーズンは、街中のデコレーションや、クリスマスイベントなど、赤道直下の暑いクリスマスを体験できます。

クラゲの事故が多いのが年明けごろです。特にお子さまが波打ち際で遊ばれる際は、長袖ラッシュガード、レギンスなどで肌の露出を少なくすることをおすすめします。

旧正月 【期間】1月22日頃から2月19日ごろまでの間を毎年移動

恭喜発財!(コンシーファーチャイ)
=富・財が沢山もたらされますように!

  • コタキナバルのチャイニーズニューイヤー

祝日は年明けの2日間ですが、中華系のお店は長い期間休む事が多いです。
ただし、シーフードレストランスーパー両替店やツアー会社は通常通り営業していることが多いです。

旧正月は、コタキナバルの「年明け」で一番盛り上がります。
大晦日、年明けはセントラルマーケット前でナイトマーケットが開かれます。またガヤストリートでもカウントダウンイベントや花火が打ち上げられ、この期間中は町のあちこちでドラゴンダンスやライオンダンスを見ることができます。
この時期にしか味わえないマレーシアの中華系文化は必見です。


収穫祭(ぺスタ カアマタン) 【期間】5月(5月30~5月31日)

Selamat Hari Kaamatan!(スラマッハリカアマタン)
=収穫おめでとう!

  • コタキナバルのカアマタン

5月は、サバ州、サラワク州土着民族の収穫祭の季節です。
収穫祭は各村ごとに行われ、中でも最大規模を誇るのが、カダザンドゥスン族の収穫祭です。
5月30日と5月31日は祝日となり、コタキナバル郊外のKDCAでは大きな収穫祭が行われます。

この時期に、お店が休みになる心配はあまりありませんが、カアンダマンスパは、KDCAの収穫祭の影響で休みになります。

町のあらゆるところで、収穫祭にちなんだ飾り付けがされます。


ハリラヤ プアサ 【期間】イスラム暦10月1日

Selamat Hari Raya!(スラマッハリラヤ)
=断食おめでとう!

イスラム暦の9月は断食の月。
1ヶ月間、日の出から日没までの間断食(ラマダン)をします。断食の期間が明けたことをお祝いするのがハリラヤ プアサで、2日間が祝日です。

断食(ラマダン)の期間は、日中レストランや食堂は閉まっているので注意が必要です。
例えば、センターポイントは開いていますが、地下1階(LGF)のフードコートは全て閉まっています。

ただし、断食(ラマダン)の時期にはの15時ころからガヤストリート前、アジアシティ、センブラン地区でラマダンバザールがおこなわれ、各ホテルのレストランではラマダンビュッフェが開催され通常とは異なる雰囲気を味わうことができます。

当店は営業しておりますが、帰省ラッシュのため交通渋滞が発生し、ツアーの送迎時間や移動時間が予定とは異なることがあります。

ページ先頭へ戻る