ヒナバ【Hinava】

ヒナバ(Hinava)1

  • ヒナバ(Hinava)1
  • ヒナバ(Hinava)1
  • ヒナバ(Hinava)1

コタキナバルがあるマレーシア、サバ州には、大小30以上の先住民族があり、マリマリ文化村ではそのいくつかの民族体験ができます。その中で最も大きな民族がカダザンドゥスン族で、カダザンドゥスン族の代表的な伝統料理がヒナバ(Hinava)です。

ヒナバはゴーヤが入ったり、ターメリックが入ったりと各地域により少しずつ入れるものが違いますが、基本的には、生魚、エシャロット、絞ったライム、生のチリ、ショウガが入ります。
酸っぱくてピリ辛な生魚のマリネです。

毎年5月末に行われるカダザンドゥスン族の収穫祭、ぺスタ・カアマタンでは、必ず目にすることができますが、コタキナバル市内のレストランでメニューにあるところはほとんどありません。スリアサバの7Fにある「the Glass Grill & Bar」では、メニューにヒナバがあります。生魚にはスズキを使っていてプリプリの食感がとてもおいしいです。


ページ先頭へ戻る